アレルギー

喘息が起こる主な原因は「アレルギー」


喘息になる原因にはさまざまな説があり、その中でも大半はアレルギーが関与し、気道のアレルギー性の慢性炎症によっておこると言われています。

人の体には、もともと外からの刺激や異物に対して体を守る免疫反応があり、気管支喘息のアレルギー反応は免疫反応と似ているが、関係する抗体の種類や細胞の違いなどから免疫反応とは異なって体に病気を起こしてしまう反応が気管支で起こると気管支喘息になる。

代表的なアレルゲン(アレルギーの原因物質)はダニです。

生活が豊かになり室内環境が快適になったのでダニも1年中繁殖できるようになり、ペットを室内で飼育するようになったために、イヌやネコのフケがアレルゲンになることも珍しくなくなりました。

しかし最大の誘因は上気道感染(風邪)です。

ですから、秋から冬に発作をおこすことが多く、気候の変化などとくに気圧の低下などの影響を受けることもよく言われ、かぜなどのウイルス感染は、感染そのものがアトピー発症の誘因になったり、気道過敏性を亢進させて喘息を悪化さ、また気温の急激な低下、季節の変わりめ、台風接近前なども注意しなくてはなりません。

他にも代表的なものとして、自律神経失調説、精神身体要因説など、心因性のストレスなどがありはっきりした原因は現時点でもわかっていませんし、なお喘息を悪化させる要因として、激しい運動、ウイルス感染、飲酒、ストレスがあげられ、激しい運動や飲酒は、肥満細胞から化学伝達物質を放出させやすくします。

たばこや線香の煙の吸入や、満腹状態、女性では月経や妊娠なども喘息発作の誘因になるともいわれます。

また稀にですが、解熱鎮痛薬などの薬剤により喘息が起こることもあります。

最近は咳のみが慢性的に続く「咳喘息」が増え、典型的な気管支喘息の前段階ともいわれ、適切な治療をしないと一部は典型的喘息に移行するとされるので、お心当たりの方は医師に掛かられることをおすすめします。